デリケートゾーンの黒ずみは果たして本当に消えるのか検証してます--☆


デリケートゾーンって普段あまり見ることのない箇所であり、人と比較することもないですしね。

カミソリ-300x200.jpg


だから、私も気になりはじめたのは女性誌でデリケートゾーンの特集を読んだときかな。


そして、まじまじと見たのが妊娠検査で婦人科に行く前でした。


デリケートゾーンの肌って他の箇所の肌質がぜんぜんちがうなぁって思いました。


もともと色黒だったんであんまり気にしてませんでしたがまじまじ見ると確かにうす黒い。


最近は歳をとって色素がぬけたのか体全体が色白になったので、ひさしぶりに見るとやっぱり黒ずんでいますね。


触ると、脚の他の箇所とは違いとても柔らかく、皮膚が薄くて皮下脂肪がまったくない。


まぶた、唇に近い感じのとても柔らかい肌質です。


手で皮膚をつまむと白い肌に比べてこげ茶って感じです。


日焼けしていたときの唇や乳頭の色のほう近いかな。


唇、乳頭。デリケートゾーンの皮膚のように薄い肌は外的刺激に敏感で、メラニン色素が活発になりやすいそうです。


脇の下、肘や膝の内側の皮膚も皮膚が薄くて柔らかいから服でこすれたりすると黒くなりやすいんですものね。


私は、幼い頃から太ももも太かったから、下着やズボンでこすれて黒くなっちゃったんでしょう。


さりとて、黒ずみをとるために一日ノーパンで過すわけにもいきませんからね。


でも50代、いつ何時病院に入院して下のお世話をされたり、婦人科のお世話になるかわかりません。


ある日突然、寝たきりになって自宅看護をしてもらうようになるかもしれませんしね。


介護されるまでにと、東京近辺の私と同じ世代女性にVIOのムダ毛処理を済ませておく方が増えているんです。


職場の同世代の同僚も全身の脱毛を受けたってお昼休みに話題になっていました。


そして、わたしは、ここ1ヶ月くらい、乳首の黒ずみが本当にとれるかテストしています。


もうそろそろ1ヶ月経ちますが、なんとさくらんぼ色になってきました。

この結果を受けて、今度は、アットベリーを使ってデリケートゾーンの黒ずみを薄くできるか試しはじめました。

さらに、口コミでデリケートゾーンの黒ずみに効果あるという薬用イビサクリームを入手したので、こちらも同時に使っています。

使用2週間では、乳首と違ってデリケートゾーンはなかなか見た目の変化はありません。

やはり下着が擦れるのが効果がでにくいのか、はたまた肌のターンオーバーの違いなのでしょうか。

使い勝手としては、薬用イビザクリームはチューブタイプかつテクスチャーが若干硬めなので量の調整がしやすくピンポイントで塗りやすいです。

薬用アットベリーは容器タイプなのでさまざまなところについでに塗ってしまうにはとても便利です。こちらは柔らかいクリームタイプのテクスチャーなので広範囲に塗るのに適してます。

夏に向けて本当にどれが効果があるか見極めたいですね。

ちなみに、ビローサとアットベリーの乳首の黒ずみ取り効果は1ヶ月でかなりの効果を発揮します。

もともと私の乳首はこげ茶乳首だったから、さすがに薄いピンクとはいきませんでしたが、さくらんぼ色までになりました。

一日一回、乳首にくるくる塗るだけです!

乳首が黒いと悩んでる女子は是非お試しあれ!






薬用アットベリーの詳細や購入先はコチラ⇒ワキや二の腕などの黒ずみに!【薬用アットベリー】

024-6.JPG

デリケートゾーンの黒ずみ口コミNO.1はコチラ⇒薬用イビサクリーム
適量を摂る-300x200.jpg






(ᵔᴥᵔ) お読みいただきありがとうございます。
励みになりますので、クリックお願いします。
にほんブログ村 美容ブログ 50代女磨きへ


よかったコチラもクリックお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ





この記事へのコメント