若い頃からデリケートゾーン(VIO)の黒ずみに悩んでます--☆

こんにちは、茶々です。
599029.jpg





若い頃から下半身太めで特に脚のつけ根が下着で擦れることが多かったんです。

だから、いまだにデリケートゾーン(VIO)は黒ずんでいます。

普段はまじまじと見ない箇所なんで、まっいいかなってほっておきました。

若い頃は、
水着
エアロビックス
温泉
なんて気になって鏡を通してチェックしてましたが、
美白方法なんてさっぱりわかりませんでした。

黒ずみでとっても恥ずかしいなぁって思ったのが、
妊娠して婦人科での診療のときはすっごく気になりました。

それと、5年前に緊急入院していた時は
私自身はなんとか下の世話にはならなかったんですが、
同室の高齢の方々が看護婦さんに下の世話をしてもらっていましたね。


きっと私、下の世話をしてもらったら、やっぱりデリケートゾーンの黒ずみがはめちゃはずかしいだろうなぁ。

今、東京ではシニア世代のデリケートゾーン(VIO)脱毛が流行っているそうなんです。

リンゴも仰天!整形と脱毛と老いとの戦い VIO脱毛は介護の側面も!?

それもおしゃれや美容のためじゃなくて、
介護される時=下の世話をされるときにそなえてなんですって。


先週末、偶然、ワックス脱毛サロンIBIZA WAXの井上氏のセミナーを受講しました。

デリケートゾーン(VIO)脱毛って、光脱毛よりもワックス脱毛のほうが一般的なんだとか。

そして、脱毛するときはどの脱毛法も脱毛前にデリケートゾーンの毛を剃る。

毛を剃ると、毛に隠れていた黒ずみも現れて気にする女性がとても多いそうです。

そんなお客様の悩みを解決するために、デリケートゾーンに安心して使用できる黒ずみ取りクリーム、薬用イビサクリームを開発。

特徴は、デリケートゾーンに使用するためにハイドロキノンなど強めの成分は使用せず、資生堂の「ハク」で使われていたトラネキサム酸の特許が切れるのを待って採用。
その効果は医薬部外品として国が効果を認めたデリケートゾーン(VIO)専用美白クリームです。

若い頃からの悩みのデリケートゾーン(VIO)の黒ずみをとりたくて
アットベリーを使いはじめたところだったんで興味津津で勉強してきました。



50代でも、夏は水着を着る機会はまだまだあるし、
スーパー銭湯に娘と一緒に行くのが好きだし、
いまから、介護サれることも考えてデリケートゾーン(VIO)の黒ずみ対策しなくちゃね。

そうそう、婦人科にかかることもあるかもしれませんしね!

◆商品の特徴、他社サービスとの違い◆
イビサクリームは、口コミNo.1ワックス脱毛サロンIBIZA WAX(都内4店舗※2016年8月現在)が開発しております。
デリケートゾーンで悩んでいる女子の声をサロンスタッフが聞いて、それを商品づくりに活かしております。
商品ありきではなく、悩みありきで生まれた商品です。
その結果、圧倒的な満足度を得ることができ、2016年1月に行った「デリケートゾーン 美白ケア商品」によるインターネット調査では人気No.1を獲得し、
デリケートゾーンの黒ずみ対策クリームといえば、イビサクリームという意識が一般の方にも浸透しつつあることが証明されました!
商品に関してはトラネキサム酸を有効成分とし、厚生労働省から医薬部外品の認定をうけておりますので、効果、品質ともに国のお墨付きです。


★シリーズとして、2月に新発売のデオドラントミストスプレー


★シリーズとして、昨年12月に新発売のソープ



ミストもソープも高級なイメージで憧れのスキンケアブランド「Aesop(イソップ)」の香りを参考にして調合してあるで、絶妙な香りに仕上がってます。


(ᵔᴥᵔ) お読みいただきありがとうございます。
励みになりますので、クリックお願いします。
にほんブログ村 美容ブログ 50代女磨きへ

よかったコチラもクリックお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ




この記事へのコメント