実は20年以上にごり爪虫に悩んでいたんですけど、クリアネイルショットで解決できた--☆


私が初めてにごり爪になったのは妊婦の時。

にごり爪とは、
爪に1本から無数の白い筋がでる状態をいう。
悪化すると木が朽ちるようにボロボロになります。


産み月も近くなり、家で仕事をしていた私は
おちゃんこ座りでパソコンで仕事していました。


ある日、なんだか足の甲がピリピリ痛いし
お尻も痛い、なんだろうと、、、
つきだしたお腹が
邪魔で見ようとしてなかった足の甲を見てみて
びっくり!!!
痛い箇所は紫色に変色していたんです。
え~~~~なにこれーー!!
足腐ってきているやんと思いました。
さらに爪を見ると親指と小指の爪が
かすれた黄色に変色しているし、
小指は触るとボロボロ崩れるし、
ひっぱたらぽろって外れちゃったぁ。
なにーーこれ。

お尻を見たら、痛い箇所は
黒ずんでいるし、尋常ではない。





慌てて足をマッサージしたり、
足をお尻の下に敷かないようにしたんです。


足の変色はマッサージの効果あり元に戻りましたが、
にごり爪はどうしようもないから放置しました。
まっ、出産後は元の健康な爪に生え変わり、
何事もなかったように年月は流れました。


スポンサードリンク



style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-5205964292682202"
data-ad-slot="6454964738"
data-ad-format="auto">




しかし、
にごり爪は、しっかり潜伏していた…。


50代になった頃、1型糖尿病の悪化とともに
巻爪がひどくなり、
巻爪ところに1本の白い筋が出てきました。
もしかして
にごり爪かなって思い市販の水虫薬を塗っても治らないし、
糖尿病で入院した時に足ケア担当の看護婦さんに
にごり爪は飲み薬じゃないと治らないから
皮膚科に相談するようにアドバイスされた。


で、皮膚科の先生に相談すると、
糖尿病で網膜症の治療薬を飲んでいるから、
にごり爪の薬は処方できないし、
爪をはがさないと完治しないから
糖尿病をかかえての爪剥がしは
リスクが高いから施術できないと
はっきり言われました。


それでも気になって仕方がない私は
確かに妊婦のときは、
小指は爪が剥がれにごり爪完治したから、
爪剥がしはさすがに怖くてできなかったから、
親指の白い筋の箇所をすべてカットしました。


それは大失敗、
なんとにごり爪がさらに悪化して、
左の親指は爪が肥大して変形し
右の親指は白い筋がたくさん現れた。


左の肥厚爪は、
肥大した爪をカットしようが
ヤスリで薄く削ろうが
すぐに元の通り爪は肥大した。


もう一生にごり爪は治らないと
諦めかけた時にクリアネイルショットを知りました。


そして、クリアネイルショットをつかって
ほぼ使い始めて2週間が経とうとしています。


結果は、「すごい!効いている」のひとことです。


にごり爪に『クリアネイルショット』使用前の爪と
使用10日目の写真がコチラです。


Evernote Camera Roll 20160903 200158.jpg




1週間弱でこれほどの効果があるとは思いませんでした。


あきらめていた夏のサンダルもあきらめなくていい!


飲み会のお座敷だって
ストッキングだってはずかしくない。


にごり爪は
飲み薬じゃなくても
爪をはがさなくても
治るということを知ることができて
将来足が腐ることを
回避できるかもしれないと期待がもてました。


本気で「にごり爪」を改善したい人限定!




使用者の81%がその効果を実感しています!
クリアネイルショットは硬いタンパク質の爪に浸透する効果がある。


私は普段、
足の爪や角質を柔らかくする重曹湯と
クリアネイルショット併用しています。


もしにごり爪が治らなくて悩んでるあなた、
クリアネイルショット是非お試しあれ!

【私のにごり爪治療体験記!】よかったら参考にしてみてください!


boli01.jpg

コチラもお読みください!


★お読みいただきありがとうございます。
ランキング参加してます。クリックお願いします。










この記事へのコメント