バスルームを香りの小部屋に変えるポーラーのボディーシャンプー--☆

梅雨入りで毎日ムシムシ


ちょっと歩くとツッーと背中を汗が流れ落ちる。


いつの間にか下着もシャツのうっすら湿っている。

そんなときはすぐにもお風呂に入りたいなぁって思う。

001549.jpg


50代になった頃から汗の質が変わった。


サラサラ汗からヌルヌル汗に。


なんだかカエルの皮膚を触ったみたいにヌルヌルなのだ。


このぬるぬる汗は時間の経過とともに臭いを発し


皮膚はベタベタしてくる。

だから、バスタイムはいい香りのボディソープを使いたくなる。






そもそも汗のしくみとは


人間は暑いと感じると


脳がエクリン腺に命令して塩を取り込みながら


熱を帯びた水分を排出し、排出後水分以外を再吸収します。


この再吸収がうまくいかなくなったのがヌルヌル汗。


そうなんです、塩分の再吸収がうまくいかず


身体の中の塩分が薄まって


ひどいと脱水症状を引き起こすこともある悪い汗なんです。


もうひとつの汗腺、アポクリン腺からでる汗。


そう、ワキガについての説明で出てくる汗腺の名前です。


このアポクリン腺からでる汗はデトックス効果があり


身体に必要なくなった脂肪やタンパク質、アンモニアなど


老廃物を身体の外に排出してくれるとってもいい汗なんです。


そしてワキガがなぜ臭いかということにつながるわけ。


このアポクリン腺からでる汗もヌルヌル汗なんです。


このぬるぬる汗のをかかないようにする方法は


普段から適度な汗をかくこと。


ぬるぬる汗はじわじわと出てくるのが特徴だから


ウォーキングや半身浴が適しています。


  • 水分補給後、ウォーキングで適度に汗をかき、
  • 水分補給後、お風呂で半身浴をする。
  • 汗をかいたぶんの水分補給をする。


私はこのバスタイムに香りを必ず持ち込みます。

とにかく湯船に浸かってじっくりリラックスタイムがとれるから。

717572.jpg


以前は湯船にアロマオイルをたらしたものでした。


最近は香りのいい石鹸やボディーシャンプーを愛用しています。


ポーラーの「天然の花の香り」のボディシャンプー2種類の香りが用意されています。




・清々しい希少なゆりの香りに包まれるバスタタイム。男性にも好評の香りです。


どちらも浸透型のコラーゲンが含まれ、洗いあがりがしっとりします。


バスルームを香りの小部屋に変えて、リラックスしながら半身浴を楽しむ。


お風呂あがりも素敵な香りに包まれて夢の中へ。


心地良いひとときです。








★お読みいただきありがとうございます。
ランキング参加してます。クリックお願いします。







この記事へのコメント