例えば洗顔、每日使うものだから化粧品選びは大切

肌って年齢によって変わっていきます。

55年生きてきた私の肌も
年代によってコロコロ変わりました。


でも、いろんな肌のトラブルをかかえても
それを解決する方法がまったくもって
分からずに過ごしていました。

最近、肌についていろいろ勉強して、
あの頃適切な方法を知っていればなって…
思うようになりました。


872230.jpg



私、小学生の時
自分の真っ黒であかぎれした手の甲がとってもきらいだった。

手の甲を人に見られるのが嫌で、
お風呂でふやけた皮をタオルを固く絞って
ゴシゴシ古い角質を韓国風アカスリの要領でおとしては、
稲葉の白兎状態で手の甲がテカテカ・ひりひり赤くひきつり、
乾燥して散々な状態だった。

この頃の経験を活かし娘達には
ハンドクリームをこまめに塗って
寝るときには手袋をはめて、
手の甲はいつもすべすべのきれいな肌で
いられるようにアドバイスしてます。

実は、この方法は、
奥様が手モデルである同僚から伝授してもらったんです。



私の肌の状態は、23歳頃までがピークで
それ以降だんだん化粧のノリが悪くなりどうしてよいか
まったく分からず右往左往していましたね。

とにかく、私は若い頃から肌の手入れに無頓着で、
クレンジングオイルで化粧落としせずに、
普通の石鹸で洗うのみだった。

なんでクレンジング専用が必要なのか
分からなし、理解しようともしなかった。

「ナカイの窓」(日本テレビ系)で中居さんが
「収録が終わると
ウエットtッシュとお絞りで化粧を落とすだけって言ったら
メークアップアーティストが
「それ絶対ダメだと思う、
化粧はちゃんとクレンジングオイルで落とさないとだめよ。
特に年齢を重ねた時に肌のダメージがひどくなる」
って言ってました。
中居さん、デビュー当時からずっとだったとか。

その記事はコ・チ・ラ!

そのツケが回ったのが30代後半から40代前半。
毛穴がすべて詰まり、
夏の汗をかく季節になるとほっぺが水泡だらけ。

あまりにもひどいのでまち針で水泡を潰して、
バイキンがはいり膿んでしまったこともたびたび。

この肌のトラブルの原因もその頃はぜんぜん分からなかった。

きっと一生治らないと真剣に悩んだものです。
30歳後半から、専業主婦となった私はずーっとスッピンをとおしました。

その頃は、化粧が大嫌いで
やっと面倒から開放されたぁって思っていましたね。

朝はお水でバシャバシャと洗ってタオルドライのみ。
そんなある日、
ほっぺの水泡にひどく悩んでいる私に、
温泉にいった母が炭の石鹸を
おみやげに買ってきてくれました。

炭の香りが爽やかで、
使い心地もさっぱりして、
每日使うようになりました。

炭の石鹸がなくなる頃には、
母がいつも買ってきてくれるようになり、
炭石鹸の洗顔が習慣になったんです。

2年ほど経った頃にはすっかり水泡は治りました。
そこで毛穴のつまりに着目するようになり、
洗顔ブラシを使うようになったんです。

長女もニキビで悩んだ時期に洗顔ブラシと洗顔フォームを毎日使い、
今ではすっかりニキビもなくなりました。

現在も洗顔フォームや石鹸には各々がこだわりがあって、
いろいろ試して自分たちの肌にベストなものを使ってます。









肌をいつもキレイに保つには


1.ターンオーバーにあわせて古い角質を取り除く

2.毛穴の汚れはその日に落とす


この2点がとても重要だと思います。
そのうえで、私は糀成分の入った化粧水をたっぷり使うのが私流。

現在、55歳ですが化粧ノリもとってもよく、
肌にはハリ、ツヤがあり小じわはありません。

一時期はあんなに私の顔をディスった娘たちからは
ママ肌がキレイだねと言われています。

そう、娘は私にとって最高の肌のチェッカーです(笑)。

每日使うものだからこそ、
高い化粧品じゃなくても
自分にあったコスパの良いものをみつけたいのです。


これからの季節、ますます肌に厳しくなってきます。

いつまでも若々しく可愛いおばさんであるために、
化粧品選びはとっても大切だと思います。

肌は、畑とおんなじで、
どんなに荒れ果てた土地でも
手入れ次第では実りある畑に変わるのです。

そのために、畑を耕し、肥料を施して
豊かな土に変えてあげることが肝心。

これからも肌について勉強していきたいと思います。













★お読みいただきありがとうございます。
ランキング参加してます。クリックお願いします。








この記事へのコメント